足冷え

足冷え性の原因とは?悩んでいる人が現代は多い?

足冷える原因と対策!足冷え性の改善ならこれ!!

 

健康食品メーカーが97人の女性に冷えについてのアンケートをした結果、74%の人が「冷えを感じることがある」という結果があります。
冷えを感じる人のうち「部分的に冷える」という人は67%にもなります。
さらに、「どの部分が冷えますか」という質問に対しては、「足先」と答える人が39%にもなりました。

 

「常に足が冷たい。」「靴下がないと眠れない。」こんな経験がありませんか?
冬だけでなく夏場はエアコンの使用で足冷えをつらく感じている方もいるのではないでしょうか?
足冷え解消のポイントは血液の巡りです。
では、巡りをよくするためにはどのようなことをしたらいいのでしょうか?

 

みかんの力で足冷え性対策をして乗り越える!足冷え対策グッズ

昔から、ゆず湯に入ったり、みかんの皮を煮込んだものを飲んだり、冬になるとこのような習慣が日本にはあります。
これらは昔から行われてきたのですが、それはみかんの力を健康維持に役立てていたからです。

 

みかんの皮やスジにはヘスペリジンという成分が含まれています。
ヘスペリジンには血管を強化したり巡りをよくする働きがあるのです。
しかし、みかんの皮やスジは普段食べることはあまりないですね。(好んで食べるものではありませんね)
また、食べたとしてもその量は少しです。

 

効率的に摂取できるのが江崎グリコの「αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」です。

ヘスペリジンはなぜ足冷え対策に効果があるの?

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは、「ナノヘスペレチン」と糖転移ヘスペリジン」をダブル配合したサプリメントです。
1粒にみかん30個分のヘスペリジンに相当するパワーが配合されています。

 

ヘスペリジンは体内でヘスペレチンに変換されるのですが、
ナノヘスペレチンは、このヘスペレチンをさらに微粒子化した成分なのです。
そのため、まずナノヘスペレチンが身体に素早く吸収されて巡るので、冷え性に素早く働きかけます。

 

一方、糖転移ヘスペリジンはヘスペリジンに糖を結び付けた成分です。
ヘスペリジンは水に溶けにくいのですが、糖と結びついた糖転移ヘスペリジンは水に溶けやすく、吸収率が向上しています。
その吸収率はただのヘスペリジンの3倍にもなります。

 

江崎グリコのαGヘスペリジン+ナノヘスペレチンは、吸収される速度が違うナノヘスペレチンと糖転移ヘスペリジンを組み合わせているので、[素早く・長く]効果的にカラダに働きかけます。

足冷えや部分冷えへの効果について

ヘスペリジンは手足先の末梢血管を強くする働きがあります。
現在も糖転移ヘスペリジンの冷えへの効果が研究されています。

 

冷えを訴える女性11名に、糖転移ヘスペリジン250mg/日、または偽薬(砂糖粉250mg)250mg/日を7日間摂取してもらいました。
そして、7日後に冷水に手をつけてもらい、そのときの手の温度をサーモグラフィーで測定をします。

 

足冷える原因と対策!足冷え性の改善ならこれ!!

 

その結果、糖転移ヘスペリジンを摂取していた人たちは偽薬を摂取した人たちに比べて、皮膚表面温度が高く、血流がよくなっていることが確認されました。
糖転移ヘスペリジンを摂取することで血流がよくなり、皮膚温が上昇すると考えられるのです。
ヘスペリジンは手足先に働きかけるので、足冷えの緩和が期待できます。

 

 

靴下の重ね履き、使い捨てカイロ、入浴などは外からのケアです。
それだけでなく、内側から整えてつらい足冷えをケアしていきませんか?

 

【江崎グリコ】αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン についてはこちら >>>

page top