むくみと冷え性にヘスペリジンの効果は?

むくみと冷え性にヘスペリジンの効果は?

温潤ヘスペリジンが新しく『αGヘスペリジン』
(アルファG ヘスペリジン)に生まれかわりました!

 

手足のむくみ、特に足のむくみは多くの女性の悩みの1つです。
「午後になると足がパンパン!」「むくんで体がだるくなる・・・」などから、ひどくなると
「足が重い」(重量感を感じる)、「痛む」など、毎日では我慢しきれない状態になることも・・・

 

むくみの原因

『温潤』よくある質問
むくみは “浮腫”=ふしゅ とも言い、血管から運ばれた水分(組織液)が、
本来はバランスを保って適度に排出されるべきところが、
細胞の周りにたまって多くなってしまった状態です。

 

 

「むくみと冷え性」両方の場合

むくみの原因は、静脈やリンパ管に原因がある場合や、
心臓病や糖尿、腎機能の障害などの可能性が考えられますが、
血液循環が悪くなると、「むくみと冷え性」両方の症状が出る場合があります。

 

 

「むくみと冷え性」にヘスペリジンの効果は?

毛細血管は体のすみずみの細胞に栄養と酸素を送り届け、
細胞組織との間で、栄養と酸素のやりとりをしています。
やりとりのためには、血管の透過性が適度に保たれていなければなりません。
透過性が良くなりすぎてしまうと、むくみの症状が出てしまいます。

 

ヘスペリジン(ビタミンP)には、この透過性が良くなりすぎてしまうのを
抑える働きがあります。

 

また、体のすみずみに栄養と酸素を運ぶ血液が行き渡るために、血管は収縮をします。
このとき収縮のコントロールに必要な酸化窒素が、活性酸素と結合してしまうと
酸化窒素は働くことができなくなり、血流が悪くなって、冷え性の原因となります。

 

これを防ぐ働きがビタミンCにありますが、ビタミンCは壊れやすい栄養素なのです。
ヘスペリジン(ビタミンP)は、壊れやすいビタミンCを安定化させる働きを持っており、
ヘスペリジンににより安定化したビタミンCは、通常より長く体内に留まって働けることで
活性酸素を撃退し、血流を改善してくれる効果があります。

 

「むくみと冷え性」の両方がある場合、
ヘスペリジンが解消してくれるかもしれません。

 

 

1日2粒でみかん55個分のヘスペリジンパワー 『αG ヘスペリジン』

【新発売】
初めての方限定!15日間お試し30粒入り
半額以下、今なら1,000円、送料無料!!

 

⇒ 【江崎グリコ】αGヘスペリジン グリコネットショップはこちら

 

 

 

 

αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン